FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Quiet Time

P2220030.jpg

私は彼ほどPeacefulな人を見たことがない。
それは5年前に初めて見たときとまったく変わらない。
初めて会った時のことを私は今でも昨日のことのように鮮明に覚えています。
人懐っこい笑顔で帽子をとり、握手を求めてきたケンゴ先生を…

彼の口から流れるフランクで飾り気のない素直な言葉一つひとつは
WSに参加した皆さんの緊張した心をあっという間に開放し、
はじめて会うであろうみんなが昔からの知り合いのように打ち解けてゆくのがわかる。

そう、空気が一変してKengo Worldになるのだ。

こういう人がきっと何もしなくても生まれながらのほんまもんのヨギなのだろう。
何かをとったりつけたりしなくてももうすでにありのままで美しく自由な人。
ありのままでいることを怖がらない人。
だから彼と話をしていると、いつの間にか自分もありのままになる。

WSが始まる前の短い時間。
何気ない話から、ヨガの先生の話になった。
こんな話を同じくヨガの先生をしている人に話すのは初めてだ。

何故か素直な気持ちがぽろぽろと…
悪口が嫌いなので悪口ではないと言いたいが、
やはりそれは、私の主観的な話だった。

私はまだまだ成熟とはほど遠い人間だけれども、
どんな人間からも学ぶことはある。
悪いことからこそ学びがあるのかも…
確かに私はそういった残念に思う出来事や人から
学ぶことのきっかけをいただいていることが多いのだ。
ヴェーダーンタをしっかりと学ぼうと思ったのもある先生のWSで嫌な思いをしたきっかけだったっけ。
おかげさまで人生の道しるべを見つけることができました。
うん・・・!思えばその人も神様だったんだね。

なんて、
心のガードが取れると、とても素直に自分を客観的に見ることができるのです。
(何故か二人でスタジオ内の植物の葉っぱをティッシュペーパーで拭きながら語ったのでした?)

こういうふうに話すと、ケンゴ先生はとってもおおらかで自由人で
ちっちゃなことなど気にしないワカチコワカチコ(by ゆってぃー)な人に思えるでしょう?
ところがところが!
相手に気を使わせることなく、繊細に気配りのできる人なのだ。

それは、昨年WSに来てくれた時に見えた。

WSに来てくださった先生にスタジオの和室を使っていただくのだが、
自分が持ってきたキャリーの車輪の下にティッシュペーパーが敷いてあったのだ。
縦になっている車輪じゃないよ!横にしてあるキャリーの車輪の下だよ!
(これは後々、後部座席にいきなり車輪付きのトランクを何の躊躇もなく乗せた次女に
語って聞かせることになった)

そんなことから今は彼の所作一つひとつに繊細さが垣間見られる。
車のドアの締め方や、人にものを渡す時のしぐさ。
物を運ぶ時や歩き方・・・

何よりも今回初めてクリスタルボウルを演奏するケンゴ先生の姿を
脇からずーっと見ることができた。薄目を開けてずーっと見ていた。

ふぅーっと一息吐くとケンゴ先生は、今まで見たことの無い真剣な表情で、
全身隅から隅までクリスタルボウルとボウルを奏でる棒(?)を
とても繊細に操り、その音色は演奏者の人となりを表す素晴らしいものでした。

演奏の最後はチャイム(赤ちゃんをあやすガラガラのような音)を持ち、
横になって演奏を聴いている皆さんの耳元や頭上でやさしく鳴らすのだが、
その様子も本当に本当に丁寧に一人ひとりをじっと見つめ語り掛けるような表情で
演奏している。みんな目を閉じているし、眠ってしまったりしている方もいるのに。

だからあんなに透明でやさしく、美しい演奏ができるんだね。
感動しました。

とんでもなく自由で
とんでもなくフランクで
とんでもなくPeacefulで
元気で、明るく、素直で、やさしい・・・
そして、
繊細で・・・Quietな内面を持った人

一目あったらみーんなケンゴ先生を大好きになるはずっ!!

このブログが私の知らない誰かの目に留まったら・・
ケンゴ先生を知らない誰かの目に留まったら・・・
ぜひ彼に会いに行ってみてください!

きっと心から笑顔になれるはず。

ありがとう、

また逢いましょう!

P2220050.jpg
<休憩時間もみんなケンゴ先生から離れません(笑)>











スポンサーサイト
Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。